本当に後で見る?わたしがinstapaperを使わなくなってしまった3つの理由

Instapaperを使わなくなってしまった理由

後で見るサービスの1つであるinstapaperを使っていたのですが最近使わなくなってしまいました。


instapaperを使わなくなってしまった

その理由は下記の通りです。

  1. 後で見なくなった
  2. 情報の整理がやりにくい
  3. 情報をEvernoteに一元化している

1.後で見なくなった

これが最大の理由ですね。

気になる情報がたくさんあってブックマークしているとブックマークだらけになってしまうのでinstapaperを使い始めたのですが、実際に使ってみて後で見ないことがほとんどでした。

「お、この情報いいな。」なんてブックマークレットから気軽に送っていたのですが、instapaper側にたまっていく一方で後で見返した時に良いなと思っていた情報がどれなのか?というのがわからなくなってしまいました。

2.情報の整理がやりにくい

instapaper側で保存されている情報は件数が増えてくるとページング機能で複数ページに分かれてしまいます。

後で情報を引っ張ろうとしてキーワードで検索した時に引っかからない事が起こってしまいます。

さらに、表示されている部分がタイトルのみなので後で見たいと思っていたキーワードがタイトル部分に入っていればいいですが記事内に後で見たいキーワードがあった場合、もう一度見る為に探すのが大変です。

3.情報をEvernoteに一元化している

最近、RSSをReederに入れて情報を取得しているのですが、気になった情報にはスターマークをつけていました。

ですが、こちらも後で見るか?というと見ていません。
気付いた時には見るのですが、頻繁に見る事もなく気になっていた情報が埋もれてしまいます。

そこで気になった記事をすべてエバーノートに送ることにしています。

instapaperのブックマークレットを使う所をGoogle ChromeのEvernote Web Clipperに切り替えました。

記事の全文をエバーノートに登録していく事でデータが蓄積され、あとでキーワードで検索した時に目的の記事にたどりつきやすくなります。

まとめ

instapaperはすばらしいツールだと思います。

ですが、使う人それぞれがどのように情報を管理しているかを考えて一番使いやすい方法を模索するべきだと思います。

evernoteを使って管理しているというならすべてをevernoteに集めた方が便利です。

後で見ようと、Aのツールでチェック、Bのツールでもチェック…などとしているとどのツールでどの情報をチェックしたのかがわからなくなってしまうと思います。

私はinstapaperからRSSを書き出してreederで読み込むという事もしてみたのですが、reederで見た情報も気になったらevernoteに送るようにしているので二度手間になってしまいます。

あとで「検索することを考えて情報を」見るのであればevernoteで情報を一元化してしまうのが一番良いと私は思います。

ただ、evernoteへのデータ送信量が決まってしまっているのでデータを考えなしに送りすぎると使えなくなってしまうのですが1ヶ月ほど使用してみて様子をみたいと思います。

今回の記事は完全に私の主観です。
「この方法の方が便利だぞ」
「その方法はもう古い」
などの意見がありましたら教えていただければとても嬉しいです。

追記

instapaperを使わなくなってしまった方はいろいろいるようですがこの記事の内容は使わなくなってしまった理由をわかりやすく説明されています。