冬はスマホの反応が悪い?その原因と5つの対処法まとめ

冬はスマホの反応が悪い?

最近どう?みんな、スマホ使ってる?(by Hi-Hi)

というわけでスマホユーザーが増えつつある昨今ですが、最近皆さんのスマホ、反応が悪いとかありませんか?


反応が悪くなる原因、それは「乾燥」

スマートフォンの液晶画面には「静電容量式」という技術が使われていて、体内の微弱な静電気を感知してスマホを動かすことができます。

冬は乾燥の季節ですよね。
その乾燥がスマホの反応を悪くする原因のようです。

乾燥対策をしてスマホをスムーズに使おう

冬の乾燥で反応が悪くなってしまうスマホをスムーズに使う為の5つ対処法を紹介します。

1. 静電気を発生させる

手をこすり合わせたり、指先に息を吹きかけたりして静電気を発生させやすくします。

2. ハンドクリームを塗る

乾燥が原因なので手に潤いを与えます。

3. タッチペンを使う

指がダメならペンで操作してしまいましょう。

4. スマホ用手袋を使う

手袋の指先に特殊な加工がしてある手袋ならば乾燥問題とは無縁です。

5. てぶタッチを使う

てぶタッチという商品があります。

手袋に数滴垂らすとタッチパネルの操作が可能。効果は数日~1週間以上

これを使うと今使っている普通の手袋をスマホ対応手袋に変身させます。

以上、5つの対処法でした。

乾燥対策をして冬のスマートフォンライフを楽しみましょう!