ミオン降臨を周回できる劉備パ(継承なし)をつくってみた【パズドラ】

ミオン降臨を周回できる劉備パ(継承なし)をつくってみた

ミオンのスキルレベルを上げるために、安全・簡単に周回できるパーティを作ってみました。

スキル継承は一切なしの劉備パです。

ミオン降臨用劉備パ

A
劉備ディオスラファエルアヴァロンドレイクサウザー
B
劉備ディオスディオスサウザーアヴァロンドレイク

ミオン降臨攻略動画

ミオン周回の流れ簡易版

1F A 劉備
2F B ディオス+サウザー(確定6コンボ)
3F A アヴァロンドレイク
4F B 0コンボ A ディオス
5F B アヴァロンドレイク
6F A 0コンボ B ラファエル+劉備 A 攻撃色1コンボ
7F B 0コンボ A ディオス+サウザー(確定6コンボ)

ミオン周回の流れ詳細版

1F べりドラ、マリンゴブリン、セイレーン

A側:劉備
先制で多くのドロップが回復に変換されるので劉備をつかって突破

2F 赤ソニアたまドラ、ウィンドギア、アクアギア

B側:ディオス+サウザー
ディオスとサウザーで確定6コンボを組むことができます。
確定で6コンボ作れるようにドロップ操作を練習しましょう。

ここのサウザーは、確定6コンボが作れる組み合わせであれば代用可能です。
(神谷薫や茶度など)

3F トイトプス

A側:アヴァロンドレイク
アヴァロンドレイクをつかって突破。

4F バーソロミュー

B側:0コンボ
A側:ディオス
B側は0コンボしてA側のディオスで突破
ボーソロミューゾロは1ターン目は攻撃力2倍をつかってくるのでノーダメージ。

5F サンダルフォン

B側:アヴァロンドレイク
スキルを使って突破。
封印耐性は、サウザー、サウザー、アヴァロンドレイク、アヴァロンドレイク、ラファエルの5つで対策はOK。

6F ヘルメス

A側:0コンボ
B側:ラファエル+劉備
A側:攻撃色1コンボ
根性持ち。
1ターン目は50%ダメージカットをつかってくるので0コンボでやりすごす。
2ターン目のB側でラファエル(回復花火)から劉備(闇・回復を木に)をつかって木花火。
1パンすると30000以上のダメージが飛んでくるのでラファエルをつかって防ぐ。
HPが1残るのでA側で攻撃色で1コンボして突破。

7F BOSS ミオン

A側:0コンボ
B側:ディオス+サウザー(確定6コンボ)

1ターン目はダメージ99%カットなので、攻撃するだけ無駄です。
2ターン目の5コンボ吸収と指激減の時に、ディオス+サウザーで高速で6コンボ盤面をつくります。

これでミオンをワンパンです!
周回してスキルマをつくっちゃいましょう!

ミオン降臨の周回パ作成考察

ミオンは1ターン目ダメージ激減、2ターン目と操作時間激減+5コンボ以下吸収とつかってきます。

3ターン目以降もダメージが多めで盤面変換とドロップロックをされるので回復ドロップを確保するのが難しく、耐久しにくいです。

私は、ロノウェパでなんとか耐久しまくって、最後はラファエルを使って「千律のレクイエム(509,700ダメージ)」を防ぎながら倒しました・・・

そんなミオンもイチコロ!ミオン撃破手順

ミオンを倒すには2ターン目で倒すしかないと思います。
正直耐久するのはむずかしいので、2ターン目に1パンできないかというのを元に考えてみました。

花火からのミルで確定6コンボの盤面がつくれるという情報もあったので、サウザーをミルに変えて挑戦をしていたのですが、落ちコン運が悪いと6コンボにならないので運要素が絡み、さらに突破できないとリカバリーもできないのでやめました。
ミルのスキルで7秒間自由に操作できるので、確定6コンボであれば最適なスキルだったのですが残念です。

指激減の時は1秒あるかないかくらいまで操作時間を短縮されてしまうので、すばやいドロップ操作が求められますが、どうしても継承なしでやりたい!という方はぜひ挑戦してみてください!

おまけ

ノエルチャレンジでのミオン攻略も紹介します。

劉備パでのノエルチャレンジは、2枠がノエルでつぶれてしまうので難易度が跳ね上がります。

ただ、下記構成でBOSSまでいけたのですが、ミオンには太刀打ちできず・・・

A
劉備
ノエル
ディオス
キン肉マンソルジャー
石田三成

B
劉備
ノエル
ディオス
ディオス
アヴァロンドレイク

ノエルにサウザーを継承させることで、ミオン周回パで紹介した流れに近いものをができるようになったので、なんとかクリアできました。
本当は、継承なしでなんとかクリアできないか模索していたのですが、手持ちモンスターでは最適解が見つからず、継承に逃げてしまいました。

封印耐性が3つしかないので、サンダルフォンが鬼門です。
完全に運が絡みますが、1回クリアできればいいのでよしとさせてください。