Googleロゴ「グスタフ・クリムト生誕150周年」

グスタフ・クリムト

グスタフ・クリムト(Gustav Klimt, 1862年7月14日 – 1918年2月6日)は、帝政オーストリアの画家。

今回のGoogleロゴに使用されている元の絵です。
『接吻』1908年

「接吻」1907-08

発表と同時に政府に買い取られた、彼の代表作。
崩れ落ちる宝石のようなあやうい足もとと、
まばゆい黄金の光につつまれた恍惚の表情。
「愛」は「死」と共に在り、隣り合うことで輝きを増す。

丁度「g」の位置に配置されていますがまぁ読めないのはいつもの事だから気にする所でもないのかも知れませんね。