iPhoneアプリ開発の勉強を始めました。Xcodeを一通り使えるようになりたい!

Xcode

最近になってようやく時間がとれるようになってきたので、かねてからやりたかったiPhoneアプリ開発に着手しました。

XcodeやらObjective-cやらムズカしそうな感じですが少しずつ進めて行きます!


iPhoneアプリ開発の教科書

iPhoneアプリ開発の情報はインターネットで検索すれば色々と出てはくるのですが、初心者には難しすぎる。

そこで、教科書となる書籍を探す事から始めました。

Amazonのレビューを参考に2冊の書籍を購入しました。

iPhoneアプリ開発の学校

こちらは初心者に優しく教えてくれる本です。

掲載されているコードを入力することで実際に動くアプリを作る事ができます。

説明文も初心者を意識した文面になっているのでこれから始めたいと思っている方にオススメです。

よくわかるiPhoneアプリ開発の教科書【iOS 6&Xcode 4.6対応版】

こちらも初心者にオススメというレビューがあったので購入しました。

前に紹介したやさしくはじめるiPhoneアプリ開発の学校よりXcodeの使い方を細かく紹介されています。

この本を読めばXcodeの基本的な使い方はマスターできます。

個人的にはやさしくはじめるiPhoneアプリ開発の学校よりこちらの本の方がタメになりました。

@sw2xは新しい勉強をする時に、その分野の本を3冊程度は読むのでiPhoneアプリに関する本をもう1冊買おうと思います。

よくわかるiPhoneアプリ開発の教科書【iOS 6&Xcode 4.6対応版】がかなり分かりやすかったので、次に買う本は逆引き本にするつもりです。

次なるステップは?

2冊の本を参考に勉強をしているのですが、この先どうするのかが課題です。

新しい技術を学ぶ時に必ず陥るのが、書籍を読んで基本的な部分は覚えられるのだがどうやって応用したら良いかが分からないという点です。

本を読んだだけではApp Storeに並んでいるようなアプリは到底作れません。

ネットを使ってうまく検索しながら出来る事の幅を広げていこうと思います。

まずはアプリを開発して、実際に登録するという所までやってみたいと思います。

それにはアプリを作らないとダメですね X(

アプリ案を考えるぞー!